私達大人は、それぞれの子供の頃を過ごしてきたはずです。今になって子供とかかわる時に…子供とのかかわり方…が大切になるのですが。 アトリエに来る子供達は、当然いろいろな顔をしています。個性豊かですが、『描く側』になると無色です。それぞれ色ずけがアトリエで始まります。…野球のピッチャーなら、マウンドに立って直球でズボッとはいる子あり、投げる前の『マウンドならし』だけを一心に繰り返す子がいたりです。…この絵は、私の三十年前の絵を模写した小学生の絵ですが、はたしてどの様なタイプでしょうね(*^_^*)……子供ながら、一心にdetailを充実させるために絵に向かう雄志が垣間見ると(^O^)
スポンサーサイト
2012.02.07 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://at611.blog36.fc2.com/tb.php/59-ecf8cedd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)