大銀杏が倒れたニュースは日本中を駆け巡ったのはご承知のとおりです。が、描く身においてはmotifが明快になっていてスケッチに力がはいりました。歴史的な寺院を訪れた時に、motifとしてのバランスに欠けていることに失望する事があります。……大樹がないので、大社にいたる道筋が現わされており、鎌倉人の想いが伝わってきます。
スポンサーサイト
2012.02.12 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
晴天です。構図を思い浮かべるには、コントラストも大切です。描く間の『太陽』の動きが重要です。
2012.02.12 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

私達大人は、それぞれの子供の頃を過ごしてきたはずです。今になって子供とかかわる時に…子供とのかかわり方…が大切になるのですが。 アトリエに来る子供達は、当然いろいろな顔をしています。個性豊かですが、『描く側』になると無色です。それぞれ色ずけがアトリエで始まります。…野球のピッチャーなら、マウンドに立って直球でズボッとはいる子あり、投げる前の『マウンドならし』だけを一心に繰り返す子がいたりです。…この絵は、私の三十年前の絵を模写した小学生の絵ですが、はたしてどの様なタイプでしょうね(*^_^*)……子供ながら、一心にdetailを充実させるために絵に向かう雄志が垣間見ると(^O^)
2012.02.07 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

小学生も上級生になると、製作意欲が大人びいてきます。私が三十年前に林道を描いた作品を模写したいそうです。本人からは『うぅ!~えっ!…あっ!…なんでぇ!』一時間も描くとつかれがピィークに…でも二時間描く姿に、子供の柔軟性に想いをよせらる少し嬉しい一時でした(*^_^*)
2012.02.04 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

中世の精神的な建造物が覗く街角が、花いっぱいに飾られています。motifそのものは旅のパンフレットからの引用ですが、『晴れわたった昼』この絵の路を一人歩いてみたらいいですねファンデーションにチタニュウムホワイトを厚くして描きあげました。(町田Eさん)
2012.02.03 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲