上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
資本主義的自由主義圏と共産主義圏との相反する関係において、双方に排他的協定が存在していた。その様な時代は、経済圏もおずと決まっていた。『水は高い所から低い所に流れるが如く』で、景気刺激策として国の資本投資の流れも、『生産段階』から『物流』に『一般市場』に、自ずと活力につながる『シフト』があった。が、冷戦の壁が無くなり活力の復元力が半減以下になってしまった事に気付くべきでしょう。つまりは『生産』が海外に流れてしまい、経済投資が半減!!なかなか国力の回復につながらなく、国民は働けど生活の立て直しが難しくなり。『円高』効果が国の豊かさに結びつかない。私たちの国の『シフト』を見直さなければと思いながら、描くのに一日一日を過ごしています。………アトリエに来た若者が、就活の際『君を一人雇う事は、中国の若者を三十人雇う事ができる。』と言われたとの事。若者の仕事が海外に流れているのです。 大人達は若者に『仕事を選ぶな!我慢しろ!』と言っている間に、生活レベルが……。
スポンサーサイト
2010.04.06 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。